特定医療法人 万成病院

HOME > 万成病院を 知る > 各部署の紹介 > 診療情報管理室

診療情報管理室

写真:診療情報管理室  
   

診療録管理室がチーム医療として、診療部門に参加できることは何かを考え、診療に役立てることを目標に、1患者1IDでの診療情報を整備製本し適切な管理を行い、より良い医療サービスの提供に貢献いたします。

診療情報管理室の業務

診療録と診療記録等の菅理

診療録を適切に管理するために診療録の貸出しは徹底したアリバイ管理(所在管理)を行っています。

国際疾病分類(ICD-10)に基づく病名のコーティング
写真:国際疾病分類(ICD-10)に基づく病名のコーティング  
   

入院中の患者様はもとより、入院時や退院時、外来の患者様など様々な患者様のICD-10から統計を出し医療や病院経営をサポートしています。


診療録の電子化

診療録は医師法で5年の保存を義務化されていますが、当院では10年間保存を行っており、その後の診療録は電子化を行い何年たってもスピーディーに対応できるよう備えております。

診療録の開示について

当院では、患者様やご家族様から開示の依頼があった場合には申請書を記載して頂いた後、「万成病院診療録等開示規定」に基づき病院長・主治医・診療情報管理委員長等で審議し適切に対応いたします。

診療情報管理士とは?

診療情報管理士とは、診療録及び診療情報を適切に管理し、診療情報を加工、解析、編集し活用することにより医療の質の向上および病院の経営管理に関わる専門的職業です。病院機能評価の基準では、退院患者2000名につき1名の担当者の配置が望ましいとされています。

スタッフ紹介

写真:スタッフ紹介  
   

森下卓三(事務課課長 兼 診療情報管理室)



文字の大きさを調整できます 

小標準大