特定医療法人 万成病院

生活支援相談室

自立支援医療制度

こんなときに使えます。

精神科の外来通院時の診療費・薬代(精神疾患に係る治療以外の薬代・入院は対象外)、精神科デイケア・精神科訪問看護の利用料が対象となり、申請により、自己負担額が1割になります。

※一定の精神疾患を有し、治療が必要な方が対象となります。対象となるかどうかは、医師の診断により対象とならない方は申請できない場合があります。
※申請時に利用する医療機関等を指定する必要があります。

メリットは??

申請し認定されると「自立支援医療受給者証」が交付されます。受給者証を提示すると、申請時に指定した医療機関等での自己負担額が1割で利用できます。また、収入状況に応じて1ヶ月の上限額も定まり、限度額を超えると、そのつきは限度額以上を支払う必要がなくなります。

認定には有効期限があります。

有効期限は1年間です。受給者証に有効期限が記載されていますので、確認してください。また、有効期限の3ヶ月前から再認定の申請を行うことができます。

申請方法は??

(1)医師の診断書(A3版の決まった様式があります。)が必要です。
受付にて「自立支援医療の申請がしたい」とお申し出ください。外来主治医が診断書を記載した後にご連絡致しますので 診断書作成料2,160円をご用意の上、受付までお越しください。

(2)以下のものを用意して各市区町村の担当窓口へ申請してください。

  1. [1] 自立支援医療費支給申請書(各保健センターにあります)
  2. [2] 医師の診断書(2年に1度の提出ですので前年度に診断書を提出された方は不要です)
  3. [3] 同意書及び収入申告書(各保健センターにあります)

  4. [4] 印鑑
  5. [5] 健康保険証(コピー)
  6. [6] 障害年金を受給している場合は、金額がわかるもの(コピー)
  7. ※年金額がわかるものとは、年金額通知書や年金が振り込まれている 通帳等です。
    [7] 現在お持ちの「自立支援医療受給者証」
      (再認定・更新の場合のみ必要です。)
  8. ※[1]~[7]以外にも書類が必要な場合があります。

注意!!

 精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方、またはこれから申請する予定のある方は、自立支援医療の申請(更新も含む)と手帳の申請を併せて行うことが出来る場合があります。該当の方は申請の際、お申し出ください。

詳しくは、当院受付へお問い合わせください。

自立支援医療制度に関するお問い合わせ・申請窓口は・・・
お住まいの各市区町村の保健センター・保健所へ 写真:自立支援医療制度に関するお問い合わせ・申請窓口は

 

文字の大きさを調整できます 

小標準大