特定医療法人 万成病院

生活支援相談室

障害年金

病気やケガによって心身に障害が残り、日常生活や社会生活、就労が困難な状態になった場
合、申請し認定されると支給されます。受給にはいくつかの要件があります。
まず、(1)~(3)を確認してください。

(1) 障害の原因となった病気やケガについて、初めて病院を受診した日(初診日)はいつですか?その時に年金に加入していましたか?

  1. ※ 国民年金の任意加入をされていなかった期間内に初診日があり、現在障害等級の状態に該当する方は「特別障害給付金」に該当する場合があります。

(2) 初診日から1年6ヶ月を経過(障害認定日)していますか?また、障害認定日に、障害の等級に該当する程度の状態でしたか?

  1. ※ 20歳未満の時に初診日があった場合には、20歳になったとき、または20歳にな

った後に障害認定日を経過した時点で障害等級の状態にある場合に障害年金が支給
されます。

(3) 保険料納付済期間(保険料免除期間を含む。)が加入期間の3分の2以上ありますか?
保険料を滞納していませんか?

  1. ※ 保険料納付要件の資格があるかどうかは、社会保険事務所の窓口に出向き調べてもらいます。ただし、初診日に国民年金(第1号被保険者)加入している方は居住地の市区町村役場の年金係りで調べてもらえます。
障害年金に関するお問い合わせ・申請窓口は・・・
  • 国民年金
    市区町村の年金係り・年金係り・年金相談センターへ
  • 厚生年金
    社会保険事務所・年金相談センターへ
  • 共済年金
    共済組合へ
写真:障害年金に関するお問い合わせ・申請窓口は


(1)~(3)のすべてにあてはまりましたら、年金が受給できる可能性があります。

障害年金の申請には、医師の診断書(A3版の決まった様式があります。)が必要となります。

まずは、主治医、ソーシャルワーカーへご相談ください。

 

文字の大きさを調整できます 

小標準大