特定医療法人 万成病院

生活支援相談室

成年後見制度

成年後見制度とは??

写真:成年後見制度  
   

精神上の障害により判断能力が十分ではない方(認知症高齢者・精神障害者・知的障害者など)の財産管理や施設入所や介護サービスの利用契約などについて、本人の権利を守る援助者(※「成年後見人」等)を選び、代わりに行うことにより、このような方の財産や権利を保護し、支援する制度です。

※本人の判断能力に応じて、「後見」「保佐」「補助」の3つの制度を利用できます。
※「法定後見制度」「任意後見制度」の2つの制度があります。

「法定後見制度」・・・すでに判断能力が十分でない状態にある方を保護し、支援する制度です。
「任意後見制度」・・・現在、判断能力がしっかりしている方が、将来、自分の判断能力が不十分になったときに備えて利用する制度です。

実際の手続きの流れは??

申立て(法定後見制度の場合)
必要書類の収集、申立書を作成し、申立人が家庭裁判所に「後見」・「保佐」・「補助」の開始の申立てを行います。

(申立人)
本人、配偶者、4親等内の親族など
写真:申立て

審問・調査
家庭裁判所調査官が事情を尋ねたり、問い合わせたりします。
本人の判断能力について医師による精神鑑定(診断書)が必要な場合があります。
写真:審問・調査

審  判

※申立から、審判まで2、3ヶ月かかります。

成年後見人等の選任、援助
選任された成年後見人等が、利用者本人の身の回りに配慮しながら、援助します。 写真:成年後見人等の選任、援助

最近ではご家族だけでなく、弁護士や司法書士、社会福祉士などの専門家に後見人等を依頼することも出来ます。制度を利用するには家庭裁判所に申立を行なう必要がありますので、まずは主治医、担当ソーシャルワーカーと相談しましょう。

文字の大きさを調整できます 

小標準大