特定医療法人 万成病院

HOME > 万成病院で 働く > 教育・研修

教育・研修

キャリア開発支援プログラム

看護部の教育・研修は思いやりと温かい看護に専門性を高め質の高い看護の実践を目標として個人の意欲や段階に応じた教育体制が整えられています。

到達目標はステップ別(レベル1~4)に明示していますので一人ひとりがレベルを意識しながら能力開発を目指すことができます。 ステップ1ではスタッフナースとしての自立を目指します。ステップ2ではプライマリーナースとして看護の本質を理解し根拠に基づいた看護展開の実践ができることを目指します。さらにステップ3以降は自己の成長レベルに合わせて看護実践の役割モデルとして教育的に関わる力や、看護部全体の問題解決に向けてリーダーシップを発揮する力を養います。
その後はエキスパートナースや看護管理者の道など、自分自身の看護の目標を設定して個々の技術や知識の研鑽が行えるようなシステムになっています。
これらは院内・院外の研修を通じて、臨床看護実践能力、人間関係能力、マネジメント能力を身につけ専門性と質の高い看護を提供できるナースを育てます。

また看護補助者はステップ1~4で4段階に明示しています。ステップ1は自立に向けた指導を必要とするレベル、ステップ2は自ら看護補助業務を遂行し新人の指導を行うレベル ステップ3は実践においてロールモデルとなり後輩を育成するレベル、ステップ4はリーダー的立場にたち教育的役割がとれ指導・援助ができるレベル(介護福祉士、ヘルパーなど有資格者や看護補助者のリーダーにふさわしいと認められるもの)です。看護補助者は看護師・准看護師との連携等行い、看護補助業務を担い自らの目標を明らかにしながら看護実践能力の向上を目指しています。

文字の大きさを調整できます 

小標準大