特定医療法人 万成病院

福利厚生施設

エム・ホール

福利厚生施設の「エム・ホール」のご紹介をします。

エム・ホール完成

写真:万成病院  
   

画像:エム『万成病院 元気発進基地!』として
平成18年5月、病院の北側に大きなドームが完成した!
昨年11月より建設中の万成病院リハビリホール(愛称 エム・ホール)である。

写真:エム・ホーム内観  
   

精神障害者のソフトバレー等、ボール競技によるリハビリや雨天時の運動、レクリエーションによるリハビリ療法を行う為の施設増設のため、平成17年4月18日医療法(昭和23年法律第205号)第7条第2項の規定により岡山県知事の許可を受けての建設である。
鉄筋コンクリート造平屋建 一部鉄骨造。床面積991.55m2最高高さ14.09m。マンサード屋根の大空間である。外壁はコンクリート打放しで力強い建物の雰囲気を作っている。屋根はカラーガルバリウム鋼鈑で横葺き、縦葺きの組合せ。色はシルバーで周囲への大規模建物の影響を最小限にと配慮されている。
内部はバレーボールコート2面を擁しメインコートは公式ゲーム基準をクリアする空間構成である。96.0m2のステージには舞台照明も計画され多目的な利用が可能である。床、壁とも木調のなかにポップな感じの扉デザインを取入れ明るく広い施設となっている。

写真:エム・ホーム内観  
   

併設された多目的室にはトレーニング機器を配置し、職員の健康増進、クラブ活動のトレーニング等多目的な利用ができる。勤務後のストレス解消、ダイエット、筋力アップ等に大いに活用して欲しい。元気ある『万成病院の元気発進基地!』として期待している。
現在、病院のクラブ活動は野球部、バレーボール部、サッカー部、ボーリング部、茶華道が活動中である。屋内練習場のある数少ない病院として今期の各チームの成績に期待したい。
そして地域連携の核として地域交流(ママさんバレー、地域の催し物等)に役立てていただきたい。活力あるイベントを企画し、たくさんの人々の声が響く施設として、また災害時の避難施設としても活用が考えられる。病院と地域で大いに活用し育てて行きたい。
昨年の岡山国体での障害者ソフトバレーボールに地元岡山チームの応援に出かけた。そうした地元チームのバックアップ施設としても使用される。

文字の大きさを調整できます 

小標準大