京山中学校との連携「心の病気を学授業」開催!

京山中写真.jpg京山中黒板.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 当施設ひまわり寮は、毎年、近隣の岡山市京山中学校と連携し、

こころのバリアフリーの感性を育むことを目的rとした

「こころの病気を学ぶ授業」を開催しています。

本年度の第1回の授業「こころの病気を学ぶ授業」が開催されました。

今年からは、京山中学が岡山市から'こころの健康早期支援モデル校'に指定された経緯もあり、

約1年間かけて、京山中学の先生方と岡山市こころの健康センターと共に授業準備を進めて参りました。

 

 

 

授業は2年生全8クラスで実施。

一時間目の授業は、「統合失調症について理解する」

統合失調症を高校生で発症した当事者古川 奈都子さんの体験談の映像。

精神科医のレクチャー映像。当事者体験談の朗読。

生徒さんとたちは、皆、熱心に耳を傾けて版書している姿がありました。

 

京山中窓.jpg 

 明日の2時間目の授業は、

「『統合失調症』に対する差別・偏見について考える」

2月13日(月曜日)には、当院エム・ホールで施設スタッフの講演会と交流会

「共生をめざした社会をつくる大切さを学ぶ」をテーマに

開催いたします。

二年生約280人と当事者約25人、総勢約300人による語り合いやゲームでの交流会。

 【京山中学の窓から見える万成病院とひまわり寮】

 

14歳の未来あふれる中学生の皆さんにとって

こころの病の当事者とふれあうことが

支えることが支えられること

優しさを贈ることが優しさを与えられること

そんな気付きの機会として

一生の財産となるよう

精一杯の授業開催を施設一同で準備しているところです。

今年の生徒さんとの一期一会を愉しみに。

 

ひまわり娘

 

 

 

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。