2018年12月アーカイブ

年末のご挨拶

 本年残すところあと僅かとなりました。 


皆様、年の瀬の寒さに体調を崩されたりなどはしておりませんでしょうか?

おかげさまで万成病院も皆さまに支えられながらも無事年末年始を迎えることができそうです。

今年一年を振り返ってみると、災害に無縁と呼ばれていた岡山県にも「平成30年7月豪雨」の大規模災害の被害にあいました。

予期せぬ災害であり、大変驚かされました。亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、

 被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 被災地の一日も早い復旧をお祈りいたします。

来年は、災害に無縁であってほしいものです。

話は変わりますが、来年の干支は、「亥」です。

亥は、イノシシですね。そういえば病院の近辺にも、現れましたね

イノシシの肉は万病に効くとされており、亥年は無病息災を象徴する年であると言われています。

また、まっすぐ走るイノシシの姿は勇気をイメージするものであり、困難に立ち向かう象徴とも言われます。

万成病院も来年どんな困難な事が起こっても、立ち向かって行きたいと思っています。

皆様、来年も引き続きご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えくださいませ。


事務長 小林 龍平

胃腸炎の時の食事。

岡山県では、12月13日に『食中毒(ノロウイルス)注意報』を発令し、注意喚起を図っています。


感染性胃腸炎とは、細菌やウイルスなどの病原体によって起こる、嘔吐・下痢をおもな症状とする感染症です。

細菌や原虫などが原因となる場合もありますが、ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルス感染によるものが多く、毎年秋から冬にかけて流行します。

患者の糞便や嘔吐物が感染源となるので、糞便・嘔吐物・おむつなどの適切な処理と手洗い、さらには食品や調理器具の加熱消毒が、対策の重要なポイントとなります。


感染経路としては、ウイルスが人の手などを介して、口に入ったときに感染する可能性があります。

 ・ 感染した人の便や吐物に触れた手指を介してウイルスが口に入った場合

 ・ 便や吐物が乾燥して、細かな塵と舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを吸い込んだ場合

 ・感染した人が十分に手を洗わずに調理した食品を食べた場合

 ・汚染された二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

特にノロウイルスは、100個以下の少ない量でも感染が成立する、非常に感染力が強いウイルスです。  


発症から24時間以内は嘔吐が激しいため、食べられないことが多いです。

症状が落ち着き食欲も出てきたら、湯冷まし、番茶、おもゆ、くず湯、酸味の少ない果汁、ゼリー、野菜スープ、みそスープ、牛乳などの流動食から始めて下さい。

回復状態に合わせて軟食、常食へと徐々に移行していきます。

ピークが過ぎた回復期は、下痢の心配があるので脂っこいものと生ものは避けた方が良いです。

下痢の時には、常温に近い、薄めのお茶やミネラルウオーターなどを少しずつ飲んで下さい。

お粥や、すりおろしたリンゴ、野菜スープなどで水分を補給するのも良いでしょう。

脱水が進んでいる場合は、ミネラルを含んだ経口補水液を摂取したり、病院で静脈への輸液をしたりすることで脱水症状を改善します。


私も過去に胃腸炎に感染したことがありますが、しんどかったです。

予防に努め、今シーズンも注意していきたいと思います。


らんか

厄介者 

なさん、こんにちは。
冬の寒さも徐々に増していき、日中も寒くなってきました。

私の中で、冬になると厄介だなと感じるものがあります。
それは、静電気です。
車のドアや外のドアノブ、ヒドいときには利用者様の衣類や人と人から
静電気が走り、「バチッ」と音がなり青白い光が見え、痛みが走ります。
毎回毎回、ドアノブに怯えながら手をかざす方も少なくないのではないかと思います。

静電気の原因は、摩擦と乾燥です。
しかし、体調にもより静電気が発生してしまいます。
・栄養状態がよくないとき
・寝不足や仕事で体が疲れているときストレスがたまっているとき
・病気や病み上がりで体力が落ちているとき

服の選び方や肌の乾燥を防ぐことも大切ですが、
体調管理も静電気の発生を防ぐ大切な要因です。
これから、クリスマスや年末、正月とイベント毎が続きますが、
みなさん、体調管理に気を付けて冬を乗り越えてくださいね!



電電小僧

場の空気


私たちグループホーム ひまわりホーム・しらゆりホームのスタッフは、

利用者様の暮らしをより良いものとするために、

ご本人を交えて定期的に会議を行っています。



生きている限り、困り事は誰にでもあるもの。

そして、他者の意見が大きな解決の糸口となる場合もあります。



お金のやりくりは大丈夫?

健康的な生活とは?

仕事はどうしたら良いだろう?

部屋の片付けが難しい。

人間関係に困っている。

家族と上手くいかないな・・・

将来はどうしようかしら?  等々。



利用者様が安心して暮らしていけるように

皆で知恵を出し合う、この会議。

出席者は皆、時には穏やかに、時には真剣な面持ちになります。







そんな会議を行う場所。

皆さんはどんな所をイメージするでしょうか?



白いライトの点いた、広々とした会議室に、

分厚く大きな黒檀調のデスクと、背もたれの高いワーキングチェア。

きっと程よい緊張感が生まれ、

利用者様のために、的を得た意見が活発に飛び交うでしょう。



場の空気が成り行きを左右する事もあるかも知れません。







そこで、利用者様が穏やかな場所を望まれるとき。

私たちは「こだまの杜」を利用する事もできます。



万成の小径をほんの少し入った先。

そこに静謐の別世界が佇みます。


s-IMG_3064-7.jpg


四季折々の庭を眺めて、古民家で行う話し合い。


s-IMG_3065.jpg

s-IMG_3067.jpg


和んだ会議となるでしょうか?素直な意見が出るでしょうか?




緋鯉の泳ぐ庭園の池で、餌やり休憩をするのも良いでしょう。

玄関わきには、常時、餌が用意されています。


s-IMG_3069-2.jpg s-IMG_3068.jpg







私たちグループホーム ひまわりホーム・しらゆりホームのスタッフは、

いつでも利用者様とともに悩み、愉しみ、感じ、考える事を大切にしたい。




万成の古民家「こだまの杜」は人に寄り添う場所として、

いつも穏やかに佇んでいます。


s-IMG_3071-3.jpg




By ポンム

年末

こんにちは!

12月、今年ももうすぐ終わりですね~!
大掃除をされる方も多いのではないでしょうか?

今年の大掃除の際、ちょっと見てみてください。
ご自宅に、飲み残したお薬が溜まっていたりしませんか・・・?

・お薬には期限がある
・医師がその時の症状に合わせて処方している
・現在服用中のお薬と内容が変わっているかもしれない(特に、ひとまとめにされているものは、中身が分かりにくいですよね・・・)
等ありますので、ご自身の判断で服用することは避けてください!

飲み残したお薬がご自宅に溜まっている場合、言いにくいかもしれませんが、受診時に相談してください。
使用できるお薬があるかもしれませんし、指示が飲みにくい服用タイミングでしたら、調整できるかもしれません。
場合によっては、期限切れや飲み間違いを防ぐために、廃棄した方が良い可能性もあります。

これを期に、お薬の整理、してみませんか??

それでは、良い年末を。
来年もよろしくお願いいたします。



ヤクミ☆

当院の食事。

 今回は栄養課で提供している食事について写真と共に紹介していきたいと思います。

写真の食事はとある日の夕食です。


並食

sIMG-0347.jpg

並食は普段私たちが食べている食事と同じような形態のもので、揚げ物や焼き物などあります。

毎食漬物が付きます。

麺類なども提供しています。


軟飯軟菜食

sIMG-0348.jpg

軟菜食は並食より少し小さく切ったものが多く、軟らかく煮てあるものが多いです。

軟飯は並食のご飯より水の量が多いので軟らかいご飯です。

小さく切った漬物が付きます。

軟飯軟菜食と全粥軟菜食は基本的におかずは同じですが、軟飯軟菜食は麺類なども提供しています。


全粥軟菜食

sIMG-0351.jpg

軟飯軟菜食と同じおかずで主食が粥になります。


キザミ食

sIMG-0350.jpg

キザミ食は軟菜食を小さく刻んだものになります。

とろみをつけて食べやすくしています。

キザミ食も主食が軟飯の軟飯キザミ食と全粥キザミ食があり、軟飯キザミ食は麺類なども提供しています。

(写真は全粥キザミ食です。お茶ゼリーがつく方もいます。)


ペースト食

sIMG-0352.jpg

ペースト食はキザミ食をミキサーにかけてとろみをつけたものになります。

粥もゼリー状のようなとろみをつけて提供しています。


ゼリー食

sIMG-0353.jpg

ゼリー食は様々なゼリーを患者様の状態に合わせて提供しています。

お茶をゼリーにした「お茶ゼリー」は栄養課で作って提供しています。


この他流動食などがあります。


嗜好調査の際の患者様、利用者様、入所者様の意見も取り入れ、献立作成を行い、毎日3食提供しています。

しかしまだまだ患者様、利用者様、入所者様に満足してもらえていない点も多いです。

今後も栄養課一同衛生面に注意し、患者様、利用者様、入所者様に満足して頂けるような食事を提供していきます。


らんか

寒くなったこの時期、転ばない体つくりを!

 ここ数日で、急激に寒さが厳しくなり、体もなかなかついていけれない日々が続いています。寒くなると、体もいろいろな変化がみられ、特に肉が固くなったり、体が動かしづらくなり、ほんの小さな段差等でもつまづいてしまうことがあるので注意が必要です。そこで、ごくごく簡単ですが、『転倒』について記載します!

①転倒の原因
 <内的要因>・体の筋力やバランスの低下等
       ・焦りや注意力不足などの精神・心理面
       ・服薬している薬の影響
 <外的要因>・脱げやすい、滑りやすい履物
       ・敷居などの段差や滑りやすい床など
       ・電気コードやマットなどの床の障害物  などなど
 ⇒外的要因では、これらの環境の見直しをすることで予防につながります!
  部屋の状況を確認してみましょう!

②転倒を予防する運動
 ・立位でのかかとあげ運動 ⇒上下への重心移動の練習
 ・片足立ち ⇒バランス練習 
 ・椅子からの立ち座り運動 ⇒上下への重心移動の練習
 ・横のバランス低下はリスク↗なので、よこの動きを取り入れた運動
 ・普段の歩行において、きれいな歩き方を意識! ⇒少し遠くをみて背筋を
  伸ばす、足の運びはかかとからついて足の指で床を踏み切る

この冬、なにか参考になるものがあれば、取り組んでみてくださいね~☆


  cha

病棟活動

こんにちは
11月に病棟活動で近水園、安富牧場へ患者様8名(車椅子の人3名含む)と、スタッフ5人で紅葉見物に車2台で行きました。近水園の紅葉は赤、黄、緑の3種類の色でとても美しく、秋の景色を堪能しました。陣屋屋敷も道中に少し見れました。
次に安富牧場に行き、アイスクリームを食べました。ほとんどの人が1番人気のソフトクリームを選んで食べていました。その後、馬を見ました。
帰りは竜泉寺を超えて吉備新線を通り、紅葉を見ながら帰りました。日頃、めったに外出しない患者様ばかりだったため、喜んでくれて良かったです。今後も病棟活動を続けて行こうと思います。

FUBIRAI

師走

sDSC_2797 (1).jpg

今年も残り少なくなってまいりましたね。

さて、実は12月より歯科に新しい仲間が増えましたので紹介します(●^o^●)

初めまして。12月から新しく入りました前川です。
よろしくお願いします。

これから歯科衛生士4人になり力を合わせて頑張る所存です。

みなさん大掃除をこれからされると思いますが、お口の中もケアを忘れずに

新しい年をお迎え下さい(*^^)v


TEN


野菜市in谷万成

多機能型事業所ひまわりでは、11月17日(土)のこだまカフェ開催時に

谷万成町内の方と合同で『野菜市』を開催いたしました。

町内で端正込めて作られた野菜がぎっしりと並びます。



sIMG_4970.jpg


白菜、白ネギ、春菊、大根、セロリ、黒大豆、ミカン、柚子、唐辛子などなど...

ひまわりベーカリーからはパウンドケーキとクッキーも販売しました。

こだまカフェでの『健康チェック』にも、たくさんの町内の方が足を運んでくださり、

大盛況に終わりました。

次回開催も検討中です☆



Choco

万成病院クリスマス会のお知らせ

今年も12月15日(土)にクリスマス会を開催いたします。
当日は喫茶、演芸会など 患者様・ご家族様・地域の皆様の楽しんでいただけるような企画を準備しておりますので、お気軽にご参加ください。

s院外2018A3 [更新済み]-3.jpg
事業部

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。