2019年5月アーカイブ

季節のお野菜(5月29日公開分)

突然ですが 

この花って何の花かわかりますか? 
sDSC_5808.jpg
綺麗な紫色をした花ですね 
これからの季節おいしくなる野菜の花です。 

 答えは、ナスの花です。 

私たちが食べている野菜の花って家庭菜園などで育てていないと
なかなか目にする機会がないですよね。 

例えばこの花は...
sDSC_5817.jpg


こうなって 
sDSC_5818.jpg


こうなります 
sDSC_5809.jpg
ここまでくればわかりますかね? 
これはトマトの花でした。
  
就労継続支援B型事業所ひまわりでは、作業の一環として農作業も行っています。 

丁度これからは夏野菜の時期となります。 
就労継続支援B型ひまわりでは
ナストマトピーマンといった代表的な夏野菜から 

sDSC_5810.jpg

シシトウ
sDSC_5814.jpg

トウモロコシも作っています。 
sDSC_5813.jpg

ちなみにトウモロコシの花ってどこかご存知ですか? 
実はトウモロコシには雄花、雌花がありまして 

茎のてっぺんに生えているつぶつぶが雄花 
sDSC_5816.jpg


茎の途中に生えているふさふさした部分が雌花なんですって! 
sDSC_5811.jpg

このブログ記事を書きながら調べて、かなりびっくりしました。  


丁度今ぐらいの時期、つまり梅雨に入る前に収穫の時期を迎える野菜もあります。 
玉ねぎジャガイモは有名ですが、、、

実は、ニンニクもこの時期に収穫します。  
長期保存ができる野菜です。 
sDSC_5806.jpg

収穫したら、こんな風に風通しの良い場所で数週間干してあげると、
sDSC_5805.jpg

 スーパー等で売っている状態になります。

 ちなみに、乾燥させる前のニンニクの状態がこんな感じです。 
sDSC_5819.jpg

ちょっと赤紫の部分があるのが特徴です。 
個人的には乾燥させたニンニクよりも
味、香りともに別格かなと思います。  

ニンニクって意外と家庭菜園やプランターでも作りやすい野菜ですので
ご自宅でも作ってみることをオススメします。 
(ニンニク独特の匂いは少ししますけどね) 



 どうまえ

球技大会

5月15日にOT行事として球技大会を行いました。
当日は100名を超える参加者が集まり、
午前の部はボーリング、午後の部はボーリング&風船バレーを行いました。
あちらこちらから次々と「やったー!」「よっしゃー!」と歓声が沸き起こり
患者様とスタッフが一喜一憂する姿はとても微笑ましいものでした。
スタッフも患者様に楽しんでもらいたくて大きな声で応援し汗だくになりながら頑張っていました。
当日は怪我人を出すことなく全員が楽しめたことが本当に良かったです。
まだまだ今年の行事は盛りだくさんです。
患者様に楽しい時間を過ごしていただけるよう
企画から運営まで頑張っていきたいと思います。


オラフ

調味料に含まれる塩分。

今月の各病棟に掲示している栄養一口メモは調味料に含まれる塩分についてです。


主な調味料の大さじ1杯あたりの塩分を見ていきたいと思います。

 ・濃口しょうゆ 2.7g

 ・薄口しょうゆ 2.9g

 ・減塩しょうゆ 1.5g

 ・甘味噌 1.8g

 ・辛味噌 1.8g

 ・ウスターソース 1.4g

 ・ケチャップ 0.8g

 ・マヨネーズ 1.4g


しょうゆについてですが、うま味をおさえている(色の淡い)醤油ほど塩分濃度が高く、うま味の高い(色の濃い)醤油ほど塩分濃度が低いです。

これは色を薄くするために塩を多く使用し、熟成(色が濃くなる)のを抑えながら作るからです。

減塩醤油はしょうゆ品質表示基準で、「しょうゆ100g中の食塩量が9g以下のものであって、かつ、健康増進法第31条1項の規定に基づく表示をおこなったもの」と規定されています。

一般的な醤油を脱塩装置にかけて塩分を取り除いたもので一般的な醤油の半分の塩分量になっています。


平成28年3月に発表された平成26年国民健康・栄養調査によると、平成26年の食塩摂取量は10.0g/日(男性10.9g/日、女性9.2g/日)でした。

年々塩分摂取量は減少傾向で、10年前と比較すると1.0g/日以上減少しています。

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」を5年毎に策定し、平成26年3月に公表された2015年版では、高血圧の予防・治療には食塩摂取量6.0g/日以下が望ましいとしました。

しかしながら食塩摂取の多い食事に慣れた日本人にとっていきなり6.0g/日の目標は実現困難です。

そこで厚生労働省は2015年から5年間の食塩摂取量の目標値を成人男性9g/日未満、成人女性7.5g/日未満と設定しています。

調味料に含まれる塩分の量を知り、塩分を摂取しすぎないように心がけたいものです。


らんか

目薬、正しく使えていますか?

こんにちは!

暑くなってきましたね。
温度管理が難しい季節です。

さて、突然ですが、皆さんは、目薬をさしたことがありますか?

・・・多くの方は、1度は使ったことがあると思います。

今回は、目薬の正しい使い方についてお話ししたいと思います!

≪目薬の使い方≫
①手をきれいに洗う。
②指で下まぶたを軽く引き、容器の先が目やまつ毛に触れないように点眼する。(※1滴で十分!)
③数分間目を閉じる。(※軽く目頭を押さえるのも効果的)
④目から流れ出た薬は清潔なティッシュ等で拭く。
⑤2種類以上の目薬を使う場合は、5分以上間隔をあける。
⑥容器のキャップをしっかり閉めて、直射日光や高温を避けて保管する。(※薬によっては冷所保存のものもあり)
※他の人の目薬や、古くなったものは使用しない!

「清潔」に注意してさすことがポイントです!

ドライアイ、疲れ目、目の痒み等、日常生活で使うことの多い目薬。
1度、使い方を確認してみてくださいね☆


ヤクミ

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。