こういうリハビリはいかがですか?

皆さんこんにちは。
最近気温が上がり、暑さを感じる季節となりました。
今回は、一つリハビリを紹介したいと思います。

皆さんは「リハビリ」と聞くと、どんなイメージがありますか?
歩くなど訓練をするイメージが強くありませんか?
しかし、認知症予防にも繋がる認知機能に対して行うリハビリもあります。

まず、認知機能とは何なのでしょうか?
認知機能とは、何かを記憶すること、状況を理解して行動に移すこと、相手の話を理解すること...
説明すればたくさんありますが、私たちの生活には欠かせない機能です。
難しく聞こえますが、TVのクイズ番組や雑誌に掲載されているパズルなど、何かを考えるということが認知機能低下を防ぐことに繋がります。

そこで今回は、じゃんけんを使ったリハビリを紹介したいと思います。

左手は、グー→チョキ→パーの順番で手を変化させます。
右手は、パー→グー→チョキの順番で手を変化させます。

左右同時に出すように意識しながら、10回程度を目安に行ってください。
ゆっくりでもいいので、正確に行うことが大切です。
ぜひ、行ってみてください。



悩める20代

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。