暑さと辛さ。

暑い日々が続いています。
夏の暑い季節、辛い食べ物が食べたくなる人もいるかと思います。
「暑さ」と「辛さ」は相性がいいのでしょうか?

辛い食べ物には発汗作用があります。
辛い食べ物を食べると汗をかきますが、これは辛み成分が人間の味覚、嗅覚、痛覚など様々な感覚神経や内臓神経を刺激することによって起きる生理現象です。
汗を出すことによって体の表面温度は一時的に下がり、涼しく感じます。
唐辛子に含まれる辛み成分のカプサイシンは、摂取すると交感神経を刺激してアドレナリンの分泌を促すので、心拍が早くなり、血圧が上昇して汗が出ます。

また、辛み成分が消化器を刺激することによって、消化液や唾液の量が増え、食欲が増進します。
少量のカプサイシンは胃を適度に刺激し、胃液や唾液の分泌を活発にしてくれます。
この働きが食欲増進につながります。
夏は暑さで食欲が落ちやすくなりますが、辛い食べ物を食べることで食欲の低下を防ぎ、夏バテ予防にもなります。

辛い食べ物はトムヤンクンなどのエスニック料理、ペペロンチーノ、麻婆豆腐、または普段食べている料理に一味唐辛子や七味唐辛子を加えることで手軽に摂取することができます。
同じ量のカプサイシンであっても、感受性の強さや慣れによって感じる刺激の強さが異なるので、適度な辛さを一人一人把握し、好みに応じて適度に料理に取り入れて下さい。
辛い食べ物は食べすぎると胃を痛めることもあるので注意して下さい。

ピリッと辛い刺激的な香辛料を上手に使って、暑い夏を元気に涼しく乗り切りたいものです。


らんか

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。