食事の前に手を洗おう!

今月の栄養一口メモは手洗いについてです。

sIMG_3219.jpg

手や指は見た目はきれいに見えても実はかなり汚れています。
付着する汚れはほこりや土などの「外から付着する汚れ」、皮脂や汗などの「体から出る汚れ」に分けれられます。
その汚れの中には大腸菌やブドウ球菌などの微生物がひそんでいます。
手を洗って、手をきれいにしてから食事を食べるようにしましょう。

食事の前やトイレの後など、日常的な行動に伴った手洗いを「日常的手洗い」といいます。
 ①流水で手を洗い、せっけん液をよく泡立てます。
 ②爪を手のひらでこすります。
 ③親指を握って回しながら洗います。
 ④指の間も洗います。
 ⑤手首もよく洗います。
 ⑥流水でよく洗って流します。
手を洗った後はよくふいて乾燥させます。
タオルの共用はしないで下さい。
アルコールを手指全体に擦り込み、消毒して下さい。
指先、指の間、親指の周り、手首、手のしわには汚れが残りやすいので、ていねいに洗うようにして下さい。

普段漠然としてしまう手洗い、今一度気をつけていこうと思いました。

らんか

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。