ノロウィルス予防。

sIMG_4129.jpg
だんだんと寒さが厳しくなり、冬の始まりを感じる今日この頃です。
寒い時期によく発生するノロウィルス予防について、今年も見ていきたいと思います。

ノロウイルスは、乳幼児から高齢者までの幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすウイルス性の感染症です。
長期免疫が成立しないため、何度もかかります。
主に冬場に多発し、11月頃から流行が始まり12~2月にピークを迎えますが、年間を通して発生します。

・きっちり手洗い
食事の前後は必ず手を洗いましょう。
感染にかからない、うつさないためには、手洗いと手指消毒が何よりも大切です。
調理や食事の前、トイレの後など、こまめに石けんを使ってしっかりと手洗いをして下さい。

・しっかり加熱
牡蠣などの2枚貝は特にしっかり加熱をしましょう。
カキなどの二枚貝は、中心温度85度以上の状態で1分間の加熱調理をしてから食べて下さい。
まな板や包丁などの調理器具はこまめに洗い、消毒も行って下さい。

ノロウイルスは、一般的には牡蠣などの二枚貝を原因とする「食中毒」の原因ウイルスとして注目されていますが、最近はヒトからヒトへの感染や汚染された器具が原因で感染する「感染症」としても重要視されてきています。

原因ウイルスであるノロウイルスの増殖は人の腸管内のみですが、乾燥や熱にも強いうえに自然環境下でも長期間生存が可能です。 
感染力が非常に強く、少量のウイルス(10~100個)でも感染、発症します。

ノロウイルスは体内に入った後、小腸の上皮細胞で増殖し、胃の運動神経の低下や麻痺が伴うために主に「腹痛・下痢・吐き気・嘔吐」の症状を引き起こします。
潜伏期間は12~48時間です。
嘔吐もしくは吐き気が突然、強烈に起きるのが特徴です。
発熱は約37~38℃の軽度で、大人では吐き気や腹部膨満感といった症状が強いようです。
発症後、通常であれば1~2日程度で症状は治まります。

決して他人事ではないノロウィルス予防、今年の冬も気をつけていきたいと思います。



らんか

月別 アーカイブ

特定医療法人 万成病院 病院のWEBサイトはこちら。